*

出会いはすぐそこにある

彼氏がほしい彼氏が欲しい!でも、なかなか出会いが無いというお悩みを抱えている女性は沢山います。ただ、出会いがないと言っても、学校や職場では異性と何かしらのつながりがあるはずです。

もっと言えば、日頃よく行くカフェの店員さん、友達と行った居酒屋さんで隣で飲んでいた2人組の男子など、実は出会いは身の回りに沢山あるんです。そこに目を向けていないだけなんですね。

まずは合コンだから急に気合いを入れたり、態度を変えたりするのではなく、出会いはいつでも起こりうるということを頭に置きながら、常に素敵な身なりや話し方をするように意識してみましょう。いつどこで男性が見ているか分かりません。

そんな風に普段から出会いを意識するだけで、男性の目に留まる確率はグンと上がるものなのです。

積極的に動くのが苦手な方には

彼氏がほしいならこんな手も!ただ、いくら彼氏が欲しいと言っても、自分から積極的に動くことが苦手という方もいらっしゃいます。そのような方は自然に仲良くなれる環境、男性の方から積極的にアプローチしてくれる環境を上手に利用しましょう。

1.自然に仲良くなれる環境

男性と趣味を共有できるような習い事を始めてみるのも1つ。実は口に出さないまでも、出会いを求めて習い事に参加している男性は沢山います。やはり、同じ趣味を楽しめる異性とは親しくなるのも早いものです。

2.男性の方から積極的にアプローチしてくれる環境

これはインターネットでの恋活がおすすめ。特に最近では怪しい出会い系サイトではなく、Facebookを活用して出会いを探せる恋活アプリもリリースされています(参考情報:ペアーズアプリの評判と評価)。これは実名登録のFacebookアカウントを利用するので信頼度が高く安心感もありますよね。

しかも恋活アプリでは男性の人数>女性の人数が普通ですから、女性は待っていても男性側からどんどんアプローチされるという大きなメリットがあるのです。

いかがでしょうか?あなたの周りにもきっと出会いはあるはず。今までと違ったところに目を向けてみる、今までとは考え方に変えてみる・・・そのような意識こそが新しい出会いを引き寄せるのです。


公開日:
最終更新日:2016/04/20

新しい洋服を着る
彼氏が欲しいなら新しい洋服を着てみませんか?

彼氏が欲しいのに出来ない人の1つのパターンとして、服装に無頓着になって

妹にしか見れないという現実に打ちのめされた
妹にしか見れないという現実に打ちのめされた

私は姉の彼に、ずっと恋心を抱いていました。姉の彼氏ということで、この恋

洋服なんかどうでも良かったのに
洋服なんかどうでも良かったのに

中学生の頃、初めて彼氏ができた私は毎日浮かれて暮らしていました。

遠距離の苦しい恋を諦めようとしたけど
遠距離の苦しい恋を諦めようとしたけど

私がまだ、20歳くらいの時の話です。当時、18歳から付き合っていた彼氏

忘れられない最低な男
忘れられない最低な男

20代前半の頃に付き合っていた男性は、5歳年上の大企業に勤めるエリート

→もっと見る

PAGE TOP ↑