*

「 月別アーカイブ:2014年10月 」 一覧

名前も知らぬ彼からの熱い視線

あれは私が花も恥じらう女子高生の頃、同級生の男の子からの熱視線を気にしていた時期があったのです。一度も同じクラスになったことの無い人で、一度も言葉を交わしたことも無い。 おまけに名前もう

続きを見る

最悪な恋愛を忘れるには仕事でしょうか

私の人生で一番最悪で忘れられない恋愛、高校時代付き合っていた彼氏に二股されていたこと。遠距離恋愛だった私達は長期休みがある時期でしか会えることがなく、年に何回だけの時間を大切にしていました。

続きを見る

ニートボーイと恋愛なんてするんじゃなかった

私が今一番後悔している恋愛は、年下ニートと交際したことです。彼

新しい洋服を着る
彼氏が欲しいなら新しい洋服を着てみませんか?

彼氏が欲しいのに出来ない人の1つのパターンとして、服装に無頓着になって

妹にしか見れないという現実に打ちのめされた恋

私は姉の彼に、ずっと恋心を抱いていました。姉の彼氏ということで

洋服なんかどうでも良かったのに

中学生の頃、初めて彼氏ができた私は毎日浮かれて暮らしていました

遠距離の苦しい恋を諦めようとしたけど

私がまだ、20歳くらいの時の話です。当時、18歳から付き合って

→もっと見る

PAGE TOP ↑