*

人の物は絶対に取ったらダメです

公開日: : 最終更新日:2016/12/04 恋の失敗エピソード

人の物は絶対に取ったらダメです

今まで生きてきた中で、そんなに多くの恋愛をしてきた訳じゃないけれど、恋愛を通して学んだことは沢山あります。

その中でも、1番大切だと感じたのは『絶対に人の彼氏や彼女を取るのはいけない』ということでした。

まだ私が遊び盛りだった、10代の頃の話です。友達カップルと私と彼氏の4人で、遊園地でWデートをすることになりました。

乗り物に乗ったり、ご飯を食べたりしているうちに、友達の彼がちょっと気になってきたのです。私の目線にその彼も気付いちゃったようですが、まんざらでもない様子。

アドレスも電話番号も知らなかったですから、連絡もできないまま時間は過ぎました。Wデートから1ヶ月ほど経った日に駅で、彼に会っちゃったのです!話しているとやっぱり良いなと思い始め、すぐに好きになっていました。

お互いの彼氏彼女には、内緒で遊ぶ毎日。だけどバレない訳がないのです。会っている現場を友達に見つかって、修羅場になりました。いっぺんに友達も彼氏も失いました。

自業自得ですが、その後の学生生活は本当に地獄で苦しかったです。周りの人を、いっぱい傷付けてしまったことに後悔です。人間として、やってはいけないことだと強く実感しました。

関連記事

妹にしか見れないという現実に打ちのめされた恋

私は姉の彼に、ずっと恋心を抱いていました。姉の彼氏ということで、この恋心は封印するつもりでい

記事を読む

忘れられない史上最低な男

20代前半の頃に付き合っていた男性は、5歳年上の大企業に勤めるエリートサラリーマンでした。出

記事を読む

愛情があるお付き合いをしたいもの

愛情があるお付き合いをしたいものです

私は小学校、中学校と大人しい生徒でした。しかも高校は女子高で、恋愛なんて全く無縁の世界だった

記事を読む

最悪な恋愛を忘れるには

最悪な恋愛を忘れるには仕事でしょうか

私の人生で一番最悪で忘れられない恋愛、高校時代付き合っていた彼氏に二股されていたこと。遠距離

記事を読む

何故か自分も好きだと認められなかった

何故か自分も好きだと認められなかった

私は学生時代、小学校から大学までの全ての時期で片想い経験があります。その片想いをしていた全員

記事を読む

恋は早いもの勝ちなんだ

恋は早いもの勝ちなんだ

僕が中学1年生のときに、クラスで好きな子ができました。彼女は人気があり、僕以外にも彼女のこと

記事を読む

名前も知らぬ彼からの熱い視線

名前も知らぬ彼からの熱い視線

あれは私が花も恥じらう女子高生の頃、同級生の男の子からの熱視線を気にしていた時期があったので

記事を読む

親友ばかりが選ばれる理由

親友ばかりが選ばれる理由

今までに2度も同じ、苦い恋愛体験をした事があります。 私には、未だに付き合いがある大親

記事を読む

若かりし時の恋愛の過ち

小学校の頃からませガキだった私は、男の子を好きになって告白するなんてことはしょっちゅうでした

記事を読む

洋服なんかどうでも良かったのに

中学生の頃、初めて彼氏ができた私は毎日浮かれて暮らしていました。その彼から、お祭りがあるから

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニートボーイと恋愛なんてするんじゃなかった

私が今一番後悔している恋愛は、年下ニートと交際したことです。彼

新しい洋服を着る
彼氏が欲しいなら新しい洋服を着てみませんか?

彼氏が欲しいのに出来ない人の1つのパターンとして、服装に無頓着になって

妹にしか見れないという現実に打ちのめされた恋

私は姉の彼に、ずっと恋心を抱いていました。姉の彼氏ということで

洋服なんかどうでも良かったのに

中学生の頃、初めて彼氏ができた私は毎日浮かれて暮らしていました

遠距離の苦しい恋を諦めようとしたけど

私がまだ、20歳くらいの時の話です。当時、18歳から付き合って

→もっと見る

PAGE TOP ↑